ディープ産駒

ディープインパクト産駒の馬券の買い方のヒント

 

今日は私にとっては前代未聞(笑)の文章を書きます。

それは、ディープインパクト産駒の馬券の買い方のヒントです。

このブログで馬券に関する文章を書くことはもうないです、おそらく。最初で最後です。

しかも、私は

  • 普段あまり馬券を買わない
  • ほぼディープインパクト産駒しか見ていない

という人間なので、どれだけアテになるかはわかりません。

あくまでも参考程度に、ふ~んと読み流してもらえればと思います。

同日、同じ競馬場の似た条件のレース結果を見る

この文章を書いている今日は、皐月賞が開催される日です。

こういうビッグレースでディープインパクト産駒が活躍できるかどうか。

それを判断するのに、私がいつもしていることがあります。

それは、

判断のポイント

同じ日の同じ競馬場の似た条件のレース結果を見る

ことです。

ディープインパクト産駒は馬場状態が適していれば、好走する馬が多いです。

条件が合えば、複数のレースで勝つことも珍しくありません。

ですから、今日皐月賞でディープインパクト産駒を買おうかどうか迷っているなら、

  • 中山4レースの3歳未勝利戦 芝2,200m
  • 中山9レースの野島崎特別 芝2,000m

の結果を見ます。

この2レースでディープインパクト産駒が勝っていれば、今日の馬場条件などが適しているということです。

ですから、皐月賞でも勝利する可能性が高くなります。

当日の似た条件のレースでディープ産駒が複数勝利している場合。

そういう時はメインレースでもディープ産駒ワンツーとかワンツースリーとか平気であります(笑)。

そういう馬券を買うのもアリですね。

それまでのレースで複数頭勝っていても、メインは来なかった・・・ということも時々あります(苦笑)。

芝1,200mのレースはちょっと条件が離れすぎているので、私は注目しません。

芝2,000mのレースを検討する時には、1,600m以上のレースを参考にします。

また、前日のレースは参考にしません

一日違うだけで天候や馬場状態、勝ち馬の傾向が変わることは、競馬ファンならよくご存知だと思います。

「ディープインパクト産駒は良馬場が得意で、馬場が重くなると良くない」と言われたりします。

その言葉に同意する人も、反対する人もいます。データもいろいろあります。

でも、その日のその馬場に合うかどうかは、当日のレースを見ればよくわかるので、オススメです。

馬場や条件が合わないと、ディープ産駒もさっぱり来ませんから💦

そういう日は他の種牡馬の産駒を買ったほうがいいですよね。

でもこの方法、午前中のレースにはさっぱり使えないんですよね(苦笑)。

午前中のレースは推測で買うしかないです。すみません。

同じ種牡馬の産駒を追跡する

私は馬券を買うためではなく、応援のためにほぼディープインパクト産駒しか見ていません。

でも、同じ種牡馬の産駒だけを見ていると気づくこともあります。

この馬、けっこう強いと思うんだけど、なんでこんなに人気がないんだろう

ということです。

それを一番強く感じたのが、2013年の桜花賞でした。

ディープ産駒のアユサンが勝利したのですが、アユサンは7番人気。

まさに「この馬強いと思うんだけど、どうしてこんなに人気がないのかな」でした。

戦績を見ると重賞勝ちはなかったし、無理もないんですけどね。

でも、結果は1着でレッドオーヴァルが2着、ディープ産駒のワンツーでした。

ちなみにこの日の阪神競馬場のレースを振り返ってみます。

以下のレースが桜花賞と条件が近いレースでした。

  • 4R3歳未勝利 芝1,600m スマートレイアー 1着
  • 7R4歳以上500万以下 芝2,000m  ディープ産駒出走なし
  • 9R忘れな草賞 芝2,000m オーキッドレイ 3着
  • 10R大阪-ハンブルグカップ 芝2,400m  ディープ産駒出走なし

こんな結果です。スマートレイアー、懐かしい!!

ちなみに、当日の馬場は4Rがやや重で、7R以降は良です。

こういう馬場が乾いていく状態の時は、ディープ産駒はけっこう得意ですよね。

話がずれましたが、同じ種牡馬の産駒を集中して追跡すると、見えてくるものがあるということです。

ディープインパクト産駒、障害レースはけっこう得意

昨日はJGIの中山グランドジャンプのレースが行われました。

優勝したのは、皆さんご存知のオジュウチョウサン。すごすぎる・・・11歳なのに・・・💦

2着にはディープ産駒のブラゾンダムールが入りました。

昨年末の中山大障害でも2着。頑張っているんですけどね・・・壁が厚すぎるんですよね💧

昨日ツイッターで、

ディープ産駒は障害はあまり合わないから

みたいなツイートを見ました。いやいやいや、むしろ得意です(笑)。

ディープインパクトってどんな馬?にも書きましたが、2014年にレッドキングダムが中山大障害(JGⅠ)で勝利しました

レッドキングダム以外にも、

  • メイショウブシドウ 障害J・GⅢレース2勝、中山大障害・中山GJ 3着
  • フォイヤーヴェルク 障害J・GⅢレース1勝、3着1回

の重賞勝ち馬がいます。

また、重賞を勝てなくても、障害で活躍している仔はけっこういますよ。

障害戦でディープ産駒に注目するのも面白いかもしれません。

以上、ディープインパクト産駒の馬券の買い方のヒントを書きました。

ディープ産駒の取捨選択が当たるかどうかのポイントになることも多いですよね。

「そんなこと知ってるって」ということばかりだったかもしれません。

でも、「これ、意外と使えるかも」ということがあったら嬉しいです。

お礼

掲載したディープの画像は、以下のツイッターアカウントさんに許可を得て使わせていただきました。

画像が掲載できてうれしかったです。ありがとうございました!

「血統分析と調教チェックをつらつらと。@sushikamechan 」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です