ディープ産駒

世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 その4

これまで世界のGⅠレースや重賞レースで勝利したディープインパクト産駒をご紹介してきましたが、今日が最終回です。

世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 修正済今日は、海外でGⅠレースなどの大レースに勝利したディープインパクト産駒を、まとめてご紹介しようと思います。 数が多くなりすぎるため...
世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 その2前回の記事に続いて、今日も世界のGレースや重賞レースで勝利したディープインパクト産駒をご紹介していきます。 https://dee...
世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 その3今日も世界のGレースや重賞レースで勝利したディープインパクト産駒をご紹介していきます。 https://deepforever.c...

ディープインパクト産駒が重賞を勝利した国や場所

まず、ディープインパクト産駒が重賞を勝利した国の一覧です。

ディープ産駒が重賞勝利を上げた場所一覧
  1. アイルランド
  2. イギリス
  3. フランス
  4. ドバイ
  5. 香港
  6. 日本
  7. オーストラリア

これまでも言いましたが、要するに海外のビッグレースが開催されている場所です(笑)。

海外の大レースで勝利を収めたディープインパクト産駒

そして、以下が2021年1月31日現在、世界のGⅠレース、重賞レースを勝利したディープ産駒の一覧です。

海外のGⅠレース、重賞レースを制したディープインパクト産駒 18頭

外国産馬 4頭

GⅠ勝ち馬3頭 

スタディオブマン、ビューティパーラー、ファンシーブルー

重賞勝ち馬1頭

バルタバ

日本産馬 14頭

GⅠ勝ち馬9頭 

ヴィブロス、エイシンヒカリ、グローリーヴェイズ、サクソンウォリアー

ジェンティルドンナ、トーセンスターダム、フィアースインパクト

リアルインパクト、リアルスティール

重賞勝ち馬5頭

アキヒロ(改名してスティミュレーション)、アクアマリン、キズナ、ジェニアル、サヴァラン

今回は日本産馬のうち、主に日本で活躍した(している)産駒をご紹介します。要するに、海外遠征して勝利を収めた馬たちです。

まずは海外のGⅠレースで勝利した馬から。紹介する順番はアイウエオ順で、特に順番に意味はありません。

主に日本で活躍した(している)日本産馬

馬名の前に👑のマークがついているのは、海外のGⅠ勝ち馬です。

👑トーセンスターダム

まずはプロフィールをご紹介します。

トーセンスターダム

2011年3月14日生

父 ディープインパクト 母 アドマイヤキラメキ 母父 エンドスウィープ

馬主 島川隆哉さん  池江泰寿厩舎所属

通算成績 26戦4勝(日豪通算成績)

主な勝鞍 2017年トゥーラックハンディキャップ(GⅠ)、2017年エミレーツステークス(GⅠ)、2014年チャレンジカップ(GⅢ)

海外での勝利レース: 2017年 トゥーラックハンディキャップ(GⅠ)、エミレーツステークス(GⅠ)

トーセンスターダムは、2012年のセレクトセールで2億6,250万円で落札されました。

デビューから3連勝できさらぎ賞(GⅢ)を制し、クラシック戦線での活躍が大いに期待されていました。

しかし、残念ながらクラシックレースでは思うような結果を残すことができませんでした。

ダービーの内ラチにぶつかってしまったアクシデントはよく覚えています。

4歳の春にオーストラリアに遠征し、GⅠのランヴェットステークスで2着に入ります。

この時にオーストラリアとのご縁ができたのでしょうね。

帰国した後、主に重賞で6戦しますが、上位には来られず。

2016年2月の東京新聞杯を最後に、オーストラリアに移籍しました。

日本では残念ながらGⅠで勝利することはできませんでしたが、オーストラリアに移籍した後にGⅠ2勝を挙げました。

そして、2018年4月のレースを最後に引退し、現在は種牡馬になっています。

海外にいるディープインパクト系種牡馬 めざせ、世界征服!?その3今日は、オーストラリア、ニュージーランド、チリにいるディープ系種牡馬をご紹介します。 https://deepforever.co...

オーストラリアに移籍してからは、怪我をしたり、体調が整わなかったりして、しばらく休養していた時期もあったようです。

でも、GⅠ2勝という成績を挙げて、種牡馬入りできたのはとてもよかったと思います。

これからもオーストラリアで良い仔を出してほしいです。

👑リアルインパクト

海外での勝利レース: 2015年 ジョージライダーステークス(GⅠ)

リアルインパクトには本当に驚かされました。以下のページに詳しく書いていますが。

リアルインパクト 思い出のディープインパクト産駒 その3 追記ありいらすとや 数多くいるディープ産駒のなかでも、一番驚かされたのがリアルインパクトです。 リアルインパクトはディープの初年度産...

リアルインパクトが海外に遠征したのは一度だけです。7歳になって、オーストラリアのGⅠに参戦しました。

リアルインパクトはなんと3歳時に安田記念を制しました。

その後はスランプの時期もあったのですが、5歳時と6歳時に阪神カップを連覇。この間のレースの成績を見ると、この連覇もちょっと謎(笑)。

7歳春にオーストラリアに遠征し、初戦のジョージライダーステークスで優勝。

次走のドンカスターマイル(GⅠ)でも2着になっています。

この時はワールドエースも遠征していましたが、残念ながら上位には来られず。

リアルインパクトは2015年11月のレースを最後に引退し、日本で種牡馬入りします。

オーストラリアでのレース成績が評価されて、同国でシャトル供用されました。

2016/2017年シーズン、2017/2018年シーズン、2018/2019年シーズンと3年連続で種付けをしています。

その時の産駒がオーストラリアでも続々と勝ち上がっており、先日は香港でも初勝利を挙げました。

日本のみならず、海外でも産駒の活躍を楽しみにしたいと思います。

 

👑リアルスティール

リアルスティールをこのブログでご紹介するのは初めてなので、まずはプロフィールを記しておきます。

リアルスティール

2012年3月1日生

父 ディープインパクト 母 ラヴズオンリーミー 母父 Storm Cat

馬主 サンデーレーシング  矢作芳人厩舎所属

通算成績 17戦4勝

主な勝鞍 2016年ドバイターフ(GⅠ)、2017年毎日王冠(GⅡ)、2015年共同通信杯(GⅢ)

海外での勝利レース: 2016年 ドバイターフ(GⅠ)

リアルスティールはデビュー2戦目で共同通信杯を制し、クラシックでの活躍が大いに期待されました。

ただ、この時は本当に相手が悪かったというか・・・。

皐月賞とダービーはドゥラメンテに、菊花賞はキタサンブラックに負けてしまいました。上位には来ているんですが。

4歳になってドバイに遠征し、ムーア騎手を鞍上に迎えて、見事ドバイターフで優勝。念願のGⅠ勝利となりました。

この時、矢作調教師がとても喜んでおられたのが印象に残っています。

ディープブリランテでのイギリス遠征など、海外では悔しい思いもされてきていましたからね・・・。

この後、残念ながら日本でGⅠ勝利は挙げられず。

2018年にドバイに再び遠征し、ドバイターフに出走しましたが、3着でした。

ちなみに2着はヴィブロスです。ヴィブロス、すごすぎ!

ヴィブロス 思い出のディープインパクト産駒 その15このブログに移ってきて、記念すべき最初の記事はヴィブロスを取り上げます。 ヴィブロスって、現役の時はそれほど思わなかったんですけど...

リアルスティールは2018年、安田記念に出走したのを最後に引退し、種牡馬になっています。

リアルスティールは世界的な超良血馬で、仏ダービー馬のStudy Of Manとも近い血統です。

種牡馬としての活躍を大いに期待したいです。

キズナ

海外での勝利レース: 2013年 ニエル賞(GⅡ)

キズナはご存知の通り、日本ダービーを勝ったGⅠ馬です。

ただ、海外でのGⅠ勝利はなかったので、このページでは「重賞勝ち馬」という扱いにしています。

キズナはダービーで勝利した後、3歳秋にフランスに渡り、凱旋門賞に出走しました。

その前哨戦がニエル賞で、その年のイギリスダービー馬、ルーラーオブザワールドを下したということで話題になりましたね。

本番の凱旋門賞は4着でした。この年の同レースにはオルフェーヴルも参戦しており、2着。

勝ち馬はトレヴで、2着に5馬身差ですから、勝ち馬が強かったというレースでしたね。

この後、ディープ産駒が何頭か凱旋門賞に出走しましたが、3歳時に4着だったというのは健闘したほうだと思います。

3歳時に日本でGⅠを勝ち、海外でも重賞レースで優勝するというのは、もっと称えられてもよいことでしょう。

キズナが海外に遠征したのは、3歳時だけでした。

キズナは2015年の天皇賞春に出走した後、引退。現在は種牡馬になっています。

産駒は大活躍しており、勝ち上がり率もとても良いようです。現在はディープの後継種牡馬の筆頭とも言える存在ですね。

これからも元気で、末永く良い仔を出し続けてほしいです。

キズナ 思い出のディープインパクト産駒 その16ディープ産駒の思い出を綴っていますが、今日取り上げるのはキズナ。 キズナにはいろいろエピソードがあって、どれから取り上げればいいの...

これで、海外の重賞レースで勝利を収めたディープ産駒のご紹介を終わります。

残り少ない世代ではありますが、このメンバーに1頭でも多くの産駒が加わることを願ってやみません。

世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 修正済今日は、海外でGⅠレースなどの大レースに勝利したディープインパクト産駒を、まとめてご紹介しようと思います。 数が多くなりすぎるため...
世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 その2前回の記事に続いて、今日も世界のGレースや重賞レースで勝利したディープインパクト産駒をご紹介していきます。 https://dee...
世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 その3今日も世界のGレースや重賞レースで勝利したディープインパクト産駒をご紹介していきます。 https://deepforever.c...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です