ディープ産駒

海外にいるディープインパクト系種牡馬 めざせ、世界征服!?追記あり

今日は地理が苦手な私が、無謀なことをやってしまおうと思います。

そう、今ディープ系の種牡馬が、世界のどこにいるかまとめようというのです(笑)。

ここで言う「ディープ系の種牡馬」とは、ディープ産駒で種牡馬になった仔たちという意味です。毎回「ディープ産駒で種牡馬になった仔たち」と言っていると長いので。

最近うれしいことに、ツイッターで、世界各地にいるディープ系種牡馬の産駒がレースで勝利を収めたというニュースが、次々に入ってくるようになりました。

種牡馬は移動が多いといいますし、あくまでも現時点での繋養先になりますが。

今いる場所で、できるだけ長くかわいがってもらえるように祈りをこめて。

*2021年度の種付け料、わかったものから追記していきます!

以下が、ディープ系種牡馬がいる国の一覧です。

 

 

海外にいるディープ系種牡馬まとめ

1. スウェーデン  Barocci、ジェニアル

2. イギリス Study of Man

3. アイルランド Saxon Warrior

4. フランス マーティンボロ

5. イタリア アルバートドック

6. トルコ スマートロビン

7. 南アフリカ ダノンプラチナ

8. インド フィエロ

9. 中国 オコレマルーナ、セーヴィント、ガリバルディ

10. オーストラリア トーセンスターダム、Fierce Impact

11. ニュージーランド ステファノス

12. アメリカ Dowsing

13. チリ ヒラボクディープ

この記事では、海外にいる種牡馬について書いていきたいので、日本にいる仔たちは除外ということで。日本にいる仔たちは、皆さんもよくご存知ですし。

また、上に挙げた国以外にも、以前アメリカで種牡馬になったディープ産駒がいました。その仔は未出走か現役時代にあまり良い成績を挙げられませんでした。

しかし、牧場のオーナーの方がサンデーサイレンスの血統がとても気に入っている方で、其の仔を種牡馬にしたと聞いていました。

でも、申し訳ないんですが、その仔の名前を忘れてしまって、今も種牡馬をしているかどうか調べようがないんです💧。

どうなんでしょう・・・その後、特にニュースも聞こえてきていないんですけど・・・。

*2021年5月20日追記

このアメリカにいるディープ系種牡馬、Dowsingの情報を最近入手することができました!

詳しくはこちら

欧州

それではまず、ヨーロッパにいる種牡馬からご紹介します。

スウェーデン

スウェーデンで種牡馬をしているのはBarocciとジェニアルです。

それでは、まず2頭のプロフィールから。

Barocci

2009年2月28日生

父 ディープインパクト 母 バステッド

母父 Giant’s Causeway

ジェニアル

2014年2月7日生

父 ディープインパクト 母 サラフィナ

母父 Refuse To Bend

Barocciが繋養されているのは、Rävdansens Stud

HPを見ると、エイシンダンカークの名前もありますね。写真も掲載されています。スウェーデン語なので、何を言っているのかはよくわからないんですけど(笑)。

Barocciは、フランスの1000ギニーを勝ったBeauty Parlourの全兄です。

Beauty Parlour 思い出のディープインパクト産駒その13 追記あり先月、Fancy Blueがフランスのオークスで勝利しました。そして、次走のナッソーステークスでも、年上の馬たちを相手に優勝。 海...

フランス、アメリカで現役時代を過ごした後、スウェーデンで種牡馬入りしました。

初年度産駒が2018年にデビュー。産駒の活躍のニュースも聞こえてきています。

2020年度の種付け料は25,000SEK(スウェーデンクローネ)。今日付けのレート換算だと、約30万円というところでしょうか。

*2021年5月9日追記

先日、Barocciの3歳世代の活躍のニュースを見つけました!

スウェーデンの競馬の情報はなかなか入ってきません。

大きいレースで勝利する仔が出てきてくれたらうれしいです。

ジェニアルはScandinavian racehorsesで繋養されています。HPもあるんですが、開けなかったので、ツイッターのアカウントをリンクしておきました。

ジェニアルは皆さんもご存知の通り、日本でデビューした後フランスに渡りました。

フランスでの初戦は、鞍上に武豊騎手を迎えて、GⅢのメシドール賞に出走。

日本では当時の500万下のクラスにいた馬が、フランスのGⅢレースに勝利したということで大きな話題になりました。

その後は残念ながら勝利を挙げられず、昨年7月に引退。

引退後はドイツで種牡馬になるという話もあったそうなのですが、ドイツで種牡馬になるための要件に合わず、スウェーデンで種牡馬になることになったそうです。

来年から供用開始でしょうか。スウェーデンで活躍している先輩、Barocciと同じように良い仔を出してほしいです。

 

2021年1月23日追記:

Racing Post紙にうれしい記事が載っていました。

ジェニアルは、北欧でとても人気があるそうです。

種付けの申し込みがたくさんあって、繋養している牧場の方も喜んでいるとか。

世界に出ていったディープ系種牡馬のうち、誰かがその国の情勢を一変させるような活躍をしてくれたらうれしいです。

そう、サンデーサイレンスのように。

https://twitter.com/Susie73629484/status/1352765998160433152

 

イギリス

イギリスには、2018年のフランスダービーを制したStudy of Manがいます。

Study of Manのプロフィールはこちら↓

Study of Man

2015年4月9日生

父  Deep Impact 母 Second Happiness

母父 Storm Cat

Study of Manは2019年に引退。引退後は、イギリスのLanwades Studで繋養されています。

このHPでは、動画で、この牧場に到着してからのStudy of Manの歩いている姿が見られます。

ちょっとがっしりしたたくましい感じの馬体ですかね。

2021年に初年度産駒が誕生しますね。これからの活躍が楽しみです。

Study of Manの2020年度の種付け料は15,000ポンド。約200万円です。

追記: Racing postのHPに、Study of Manの2021年の種付け料が記載されていました。12,500ポンドです。

うっ・・・下がっちゃった。まあ、産駒のデビュー前だし、一喜一憂する必要ないですかね。

 

2021年1月23日追記:Racing Post紙に、Study of Manの初仔誕生のニュースがありました🎉

繋養されているLanwades Studの方によると、Study of Manはヨーロッパの大手の数社の生産業者からサポートされているとか。

要するに、種付けしてるってことですね、きっと。

Study of Manはヨーロッパの生産業界の大きな資産になるだろうって。本当にそうなったらうれしいです。

 

アイルランド

アイルランドには、2018年のイギリスの2000ギニーで優勝したSaxon Warriorがいます。

Saxon Warrior

2015年1月26日生

父  ディープインパクト 母 メイビー

母父 Galileo

Saxon Warriorは、2017年のレーシングポストトロフィーにも勝利しており、GⅠ2勝を挙げました。

2018年9月のレースを最後に引退し、アイルランドのCoolmore Studで種牡馬入りしました。

Coolmore StudのHPには種牡馬紹介の動画がアップされていて、Saxon Warriorの現役時代のレース映像が見られます。

それにしてもCoolmoreのHPに掲載されている写真、どれもかっこいいなー。腕のいいカメラマンさんを使って、お金もかけてそう(笑)。

今年初年度産駒が誕生しています。セレクトセールにも牝馬(ウェルアウェイ)が上場され、4,100万円で落札されました。

Saxon Warriorはアイルランドだけではなく、シャトル種牡馬としてオーストラリアにも行っています。今年も行っているようです。

 

アルアインもオーストラリアにシャトルされる予定だったそうですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になりました。

Saxon Warriorは、Coolmoreの牧場がオーストラリアにもあるから大丈夫だったんですかね。

Saxon Warriorの2020年度の種付け料は27,500ユーロ。約340万円です。

追記: クールモアのHPにSaxon Warriorの2021年度の種付け料が発表されていました。20,000ユーロです。

うっ・・・下がっちゃった。まあ、産駒のデビュー前だし、一喜一憂する必要ないですかね。

2021年4月30日追記:

Saxon Warriorは、2021年もシャトル種牡馬としてオーストラリアに滞在するようです。

2019年から3年連続です。

今年の種付け料は13,750豪ドル。

2019年は30,000豪ドルで、2020年は17,600豪ドルでした。

ツイートにも書きましたように、今年種牡馬入りしたFierce Impactの種付け料は16,000豪ドル。

トーセンスターダムは種付け料の発表をまだ見ていません。

でも、HPの記載が変更されていないので、今年も12,100豪ドルで変わりないのかもしれません。

Saxon Warriorの豪州での種付け料、産駒がデビューしてもいないのにどんどん下がってるんですけど💧

でも、需要がなければオーストラリアに行かなければいいので、行くということは求められているのだと思うんですけどね。

フランス

フランスにはマーティンボロがいます。

マーティンボロ

2009年8月2日生

父  ディープインパクト 母 ハルーワソング

母父 Nureyev

Study of Man、Saxon Warriorのプロフィールを見てきて、マーティンボロになると、ぐっとなじみがでてきますね(笑)。

マーティンボロは中日新聞杯、新潟記念とGⅢレースを2勝して、2016年11月のレースを最後に引退。その後フランスに渡り、種牡馬入りしました。

現在はHaras de Grandcamp牧場で繋養されています。

マーティンボロの初年度産駒は今年デビュー。活躍の便りも聞こえてきています。

2020年度の種付け料は4,000ユーロ。約50万円です。

マーティンボロというと、やはり全兄のフレールジャックを思い出します。ディープの初年度産駒で、レース中の故障で命を落としたフレールジャック。

マーティンボロには兄の分まで、フランスで頑張ってほしいです。

追記: Racing Post紙のHPによると、マーティンボロの2021年度の種付け料は今年度と変わらず4,000ユーロ。

初年度産駒もまだそれほど出走していないみたいで、目立った成績を挙げられていませんが、なんとか頑張ってほしいです。

イタリア

イタリアにはアルバートドックがいます。

アルバートドック

2012年1月21日生

父  ディープインパクト 母 ゴールデンドックエー

母父 Unusual Heat

アルバートドックは小倉大賞典、七夕賞とGⅢレースを2勝しました。先程のマーティンボロと同じですね。

2016年9月のレースを最後に引退。その後イタリアに渡り、種牡馬入りしました。

繋養されているのは、Società Agricola di Besnate牧場。イタリアに渡ったのは2018年で、初年度産駒は2021年にデビューするとのことです。

2020年度の種付け料は4,000ユーロで、約50万円です。

イタリアの競馬って、経営不振というニュースも聞こえてきていましたが、今は大丈夫なんでしょうか。

追記: Società Agricola di Besnate牧場のHPに2021年度の種付け料が発表されていました。3,500ユーロです。

うっ・・・アルバートドックも下がっちゃった。まあ、世界経済の状況もあるしね・・・。

本当は海外にいる種牡馬の記事を一つにまとめたかったのですが、長くなりましたのでここまでにします。続きはまた書きます!

海外にいるディープインパクト系種牡馬 めざせ、世界征服!?その2 追記あり先日怪我で無念の引退となったFancy Blueの件から、まだ立ち直れていないスージーです。 Fancy Blueについては、気持...
海外にいるディープインパクト系種牡馬 めざせ、世界征服!?その3今日は、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、チリにいるディープ系種牡馬をご紹介します。 https://deepforev...
世界のGⅠレースや重賞レースで活躍したディープインパクト産駒 修正済今日は、海外でGⅠレースなどの大レースに勝利したディープインパクト産駒を、まとめてご紹介しようと思います。 数が多くなりすぎるため...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です