ディープ産駒

トーセンラー 思い出のディープインパクト産駒その9

引退したディープ産駒を毎回一頭ずつ取り上げて、その思い出を語っていますが、今日はトーセンラーを取り上げます。

 

トーセンラーはディープの初年度産駒です。

ディープの初年度産駒は2010年にデビューしていますが、ディープの主戦だった武豊騎手は同年3月の毎日杯で落馬事故に遭い、骨折のため休養を余儀なくされました。

 

ディープの乗り味を知っている唯一のジョッキーである武騎手が、続々とデビューするディープ産駒に乗ることができず、

「お父さんと比べてどうですか」

という質問に誰も答えられないという事態になっていました。

 

この話の続きは後回しにして、まずはトーセンラーのプロフィールをご紹介します。

 

トーセンラー

 

2008年4月21日生

父 ディープインパクト 母 プリンセスオリビア 母父 Lycius

馬主 島川隆哉さん  藤原英昭厩舎所属

通算成績 25戦4勝

主な勝鞍 2013年マイルチャンピオンシップ(GⅠ)、2013年京都記念(GⅡ)

 

 

武騎手が復帰して、最初に騎乗したディープ産駒はスマートロビン。2010年10月23日のことでした。

スマートロビンもその後活躍して、現在はトルコで種牡馬になり、産駒の活躍のニュースも届いています。

 

武豊TVで、武騎手はスマートロビンに騎乗した10月23日は、ディープが3冠を達成した日だとおっしゃっていました。

そうやってディープを思い出しているんだなあとちょっとしみじみしました。

 

武騎手がトーセンラーに初めて騎乗したのが11月7日。新馬戦で勝利を収めます。

武騎手は当時、トーセンラーのことを

「騎乗して、上から見た耳の形や景色がディープに似ている」

とおっしゃっていました。

 

 

その後も多くのディープ産駒に騎乗している武騎手ですが、最近も同じようなことをおっしゃっていました。

どの仔だったっけ・・・3歳馬か、4歳馬だと思うんだけど、思い出せない・・・。

 

トーセンラーがGⅠを勝った時、武騎手は  

「ディープに最も近いフットワークをしている」

と言っていました。 

 

その後乗り替わりもありましたが、2013年2月からは武騎手とのコンビに戻り、その間に1回だけ幸英明騎手が騎乗した以外は、ずっと武騎手が手綱をとっていました。

その間にGⅠも勝ち、GⅡでも勝利しています。

 

血統のことについてちょっと触れますと、母のプリンセスオリビアは当初アメリカで繁殖牝馬になり、Flower Alleyという活躍馬を生んでいます。

Flower Alleyは2005年にアメリカのGⅠ、トラヴァースステークスで勝利を収め、同年のブリーダーズカップクラシックでは2着になっています。

引退後は種牡馬になり、アイルハヴアナザーやライラックスアンドレースなど、活躍馬を送り出しています。

 

プリンセスオリビアはアメリカでもう一頭子どもを生んだ後、日本に渡り、ブルーミングアレー、トーセンラー、スピルバーグの3頭を産みました。

トーセンラーの全弟のスピルバーグは、2014年に天皇賞秋で勝利しています。

 

不受胎などもあり、産駒は5頭だけですが、その中から3頭もGⅠ馬が誕生しました。素晴らしい繁殖牝馬だったのですね。

プリンセスオリビアは2016年に亡くなったそうです。スピルバーグが最後の産駒になりました。

 

このような血統背景のある良血馬のトーセンラーですが、前回記事を書いていたディサイファほどではないにせよ、私はじれじれしていたという思い出があります。

ディサイファと理由は同じで、良血馬で、素質も間違いなくあるのに、なかなか大きな結果に結びつかなかったということだと思います。

3戦目からはずっと重賞で走ってきたのですが、2着や3着も多くて。

 

でも、武騎手と共にGⅠを獲ってくれました!

武騎手が騎乗して、ディープ産駒が大きなレースを勝つと、どの騎手が乗っているよりも嬉しいのですが、ちょっとフクザツな思いも。

武騎手は実績も人気もある偉大なジョッキーなので、中継や翌日の新聞などでも、武騎手の話が7割ぐらいになりがち💦。

「頑張って走ったのは馬でしょ?」

といつも言いたくなります(笑)。

 

トーセンラーのお勧めレース 

photoAC 

 

やはり、ようやくGⅠに手が届いた2013年のマイルチャンピオンシップは必見です。

トーセンラーはそれまで中長距離路線で、菊花賞にも出走したし、2013年の天皇賞春では2着になっているのです。

 

しかし、2014年の安田記念で初めてマイルに挑戦し、結果は出ませんでしたが、秋にはマイルチャンピオンシップに出走して、見事一着になりました。

中長距離を主に走っていた馬を、マイルで勝たせたということで、藤原厩舎の手腕も絶賛されていましたね。

 

馬主の島川隆哉さんは所有馬の初のGⅠ勝利で、とても喜ばれたと聞いています。

後日ネットで見たのですが、島川さんが経営されている東北地方のゴルフ場では、トーセンラーの勝利を祝って、何日間か来場されたお客様に、無料でブッフェ形式の食事を提供されたそうです。

喜んでいらっしゃるんだなと思いました。

 

先ほど、天皇賞春で2着だったこともお話ししましたが、そのレースも見ていただくと、トーセンラーの自在性がわかると思います。

 

勝利を挙げた4つのレースはどれも、京都競馬場で実施されたものでした。京都競馬場が得意であることから、「京都の鬼」とも言われていました(笑)。

京都競馬場で行われたレースを見ると、トーセンラーの強さがよくわかると思います。

 

トーセンラーの魅力

 浜の山ちゃんさんによる写真ACからの写真

 

 ディープに似た細身の上品な馬体が好きでした。明るい毛色で、いかにも良血馬という感じがしました。

 

トーセンは冠名ですが、「ラー」というのはエジプトの太陽神の名前で、私はいつも「ラー様」と言っていました(笑)。

 

6歳まで大きな怪我もせず、丈夫に走り続けたトーセンラー。素晴らしい馬でした。

 

トーセンラーは2014年の有馬記念を最後に引退。ジェンティルドンナも同レースで引退しています。

引退後は種牡馬になり、レックススタッドとブリーダーズ・スタリオン・ステーションを2年毎に移動して、種牡馬生活を送っています。

産駒の数はそれほど多くないですが、活躍馬も出ていますし、これからも元気に過ごしてほしいと思います。 

 

 

・競馬の予想には、以下のサイトがオススメ。

競馬予想をする際には、情報をできるだけ多く集めたいですよね。

月刊誌『競馬最強の法則』から誕生した、競馬予想に特化したWEBサイトでは、人気の予想情報、予想ツールを厳選して提供しています。

 

まずは無料登録で試してみてはいかがでしょうか。

編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!
競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

 

無料登録すると、POG大会や予想大会に参加できます。この予想大会は未来のスター予想家を発掘するためのものだそうです。 無料コンテンツに名馬物語というエッセイがあり、ディープの現役時代の話が読めたのがうれしかったです。以上、Susieでした。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です