ディープ産駒

コントレイル、ディープと同じく無敗の2冠達成!!

これまでは引退した産駒の話を書いてきたのですが、今日は珍しく現役の産駒の話を書きます。

コントレイル、無敗の2冠制覇おめでとう🎉!!

理由はこういうことです(笑)。ヴィクトリアマイル、オークスとたくさんの優秀な産駒が出走していながら、思うような結果が出ず、がっかりしていた私。

その鬱憤を思い切り吹き飛ばしてくれました!

早速こんなこともしちゃいました(笑)。

これまでディープ産駒がGⅠを勝つと、ケーキやお寿司でお祝いをしてきたのですが、ディープが天国に旅立ってからは、

「ディープがいないなら、お祝いしてもしかたがない」

と思って、お祝いをやめていました。でも、今回はまさに偉業ですからね。今後どうするかはわかりませんが、今回はお祝いしたいです。

まず、コントレイルのプロフィールをご紹介します。

コントレイル

2017年4月1日生

父 ディープインパクト 母 ロードクロサイト 母父 Unbridled’s song

馬主 前田晋二さん  矢作芳人厩舎所属

通算成績 5戦5勝 主な勝鞍 2020年日本ダービー(GⅠ)、2020年皐月賞(GⅠ)

ディープもそうですけど、戦績に1の数字が並ぶのは壮観ですね。

コントレイルは秋には菊花賞に向かい、ディープと同じように無敗の3冠を目指すとのこと。

無敗の3冠はシンボリルドルフとディープしか達成していない偉業なので、ディープ産駒から、その大きな目標の達成を目指す仔が出るとは夢のようです。

ディープと同じ3枠5番を引き当てたり、レースの2日前には東京の空をブルーインパルスが飛行したり、今回はいろいろサインが出ていましたよね。

これでもかというくらい(笑)。無観客でダービーを迎えることになった私達のために、競馬の神様が大きなプレゼントをしてくれていたのでしょうか。

私は、スポーツや競馬をリアルタイムで見ることができません。

思い入れがあったり、応援している人や馬がいる場合は、ドキドキがムネムネすぎて耐えられないのです。

ずっと勝ち続けていたディープのレースでさえ、結果を知ってから録画で見ました。

結果を調べる時がまた怖いんですけど。

昨日も、怖くてなかなか結果を調べる気になれず、夜の7時頃にようやく観念して結果を見ました。

レースぶりを見たら、怖がっていたのが全くの無駄だったとわかりましたが(笑)。

レースでは、生産者のノースヒルズさんの馬がほかに2頭いて、前目の同じような位置にいたので、最後の直線は違う馬を目で追っていたんです。

ちっとも伸びてこないから、本当に勝ったのかなと思っていたら、別のところから伸びてきていました(笑)。

ここまで5戦5勝で勝ち続けているコントレイルですが、確かに勝ちっぷりは強いです。

でも、ディープはレースの仕方がいつも最後方からやってきて、全頭を抜いて、さらに突き放すという感じだったので、強さがとてもわかりやすかったです。

コントレイルはそこまで極端なレースぶりではないので、本当にそこまで強いのか、素人の私にはよくわからないのです、実は。

でも、問題なく勝ち続けているんですから、強いんですよね、きっと。今後、その強さを心底納得する日が来るといいと思っています。

艶のある青鹿毛のスリムな馬体。とてもしなやかな動きをしますよね。歩き方もきれいです。

額には、皆さんが「電話の受話器」と言っている特徴的な白斑があります。

コントレイルは育成時代、脚に不安があって、半年ほど乗り込めない時期があったそうです。

3歳のクラシック路線を戦っていくにはかなりの不利になりかねないことでしたが、ここまで結果を出していてすごいです。

このまま無事に行ってもらって、秋にはディープと同じ大輪を咲かせることを願っています。

3,000メートルはコントレイルにとっては長すぎるのかもしれませんが、同世代だったら能力でなんとかできると思います。

私がディープを好きになったきっかけは、NHKの特集番組を見たことでした。

 

親子2代で無敗の3冠馬を目指す様子を、またNHKが取材してくれないかなー。関係者の方々の協力が必要になることですけど。

私が真剣に競馬を見始めたのは、ディープの菊花賞の頃からなので、無敗の3冠に挑む過程はリアルタイムでは体験していません。

もちろん、その前の無敗の2冠を目指していた頃のことも知りません。

今度は実際に体験できるのですね。うれしいです。

まずは無事に夏を越してください。そして、偉業が達成されることを心から祈っています!

コントレイルのことを「ディープの最高傑作」と言っている人もいますけど、私はまだそうは思っていません。

ディープの仔たちは本当に優秀な仔たちが多いし、今現役で力を出し切れていない仔が今後大活躍する可能性もあると思います。

それに、残り少なくはなりますが、今後デビューする世代の仔のなかにも、素晴らしい仔がきっとたくさんいるはずだからです。

コントレイルはコントレイル。最高傑作だなんだではなく、自らの力を思う存分発揮してくれたら、それで十分です。

さあ、来週は安田記念。本当に豪華なメンバーが揃い、楽しみですね!

現役のディープ産駒で私がおそらく一番好きなグランアレグリアが出走します!

もちろん、ダノンプレミアムやダノンキングリー、ケイアイノーテック、ヴァンドギャルドにも期待していますよ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です